白い陶器

秋が深まってきました。グズツキ模様の天気と、日ごとに強まる寒さとがパリの秋です。
街路樹の枯葉の舞う、イッパン的に素敵といわれるパリの秋となりつつあります。
そうなってくるとなぜか白い陶器が新鮮に見えてきます。
今日はそういった事で、いくつか白い陶器をお見せします。
まずはお宝のソース差し。
あのCREIL ET MONTERAU製です。究極の柔らかな曲線のシルエットに器を加えたドラゴンのような取っ手の部分。
b0179656_22551470.jpg

毎日ひとりでにんまり眺めています。
b0179656_22553814.jpg

b0179656_22561321.jpg

これもやはりCREIL ET MONTEREAUのジャムポットです。
b0179656_2305618.jpg

かなり古いです。滲みがあります。見つけたときは泥まみれでした。
b0179656_225733.jpg

これも非常にシンプルすぎるくらいすっきりしたデザインで大好きです。
b0179656_22572648.jpg

最後にこの真っ白の壷。DIGOIN製です。これはそれほど古いものではありませんが、このぽってり感と蓋つき(蚤でセットが無事なのが珍しいです。
b0179656_2258370.jpg

大体蓋が欠けているとか、ないです)です。ただ気になるのが、蛇口となる部分がかなり高い位置にあります。
b0179656_22583221.jpg

ということは、最後まで消費しないなにか?
又は途中で付け足し可能な液体を入れるのでしょうが。もしご存知の方がおられれば是非ご一報ください。
高さ30cm以上あり、かなり大きいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ フレンチ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2009-11-02 23:07 | ヴィンテージ雑貨  

<< アルバム(2) 相変わらずのRATP >>