神の雫(2)

まず先日、誕生日に頂いた薔薇です。
パープルもここまでスモークパステルだと薔薇でも一味違います。
大人の薔薇です。ありがとう。
b0179656_16235965.jpg

さて<神の雫>、やっと20巻読み終えました。
なかなかです。勉強になります。
やっと第6の使徒まで終了で終わっています。続きがもう発表されているのでしょうか?
それともそのままお休みなのでしょうかね。
全部で12の使徒だからあと6本のワインが残っています。
非常に勉強になります。フランスの料理ガイドブックコンテストで賞もまんざらでもありません。
しかも日本のワインもところどころ取り混ぜているので、海外にアピールするには絶好な漫画です。
また韓国料理、中国料理、そして日本料理に合うワインなどのエピソードも豊かで、普段絶対難しいところをこじつけウンチクで押し通すところが漫画チックでよいです。
主人公がボルドーに旅立つところで20巻目は終わっています。今後の展開が楽しみです。
フランスでは、今週からアルザス地方の葡萄の収穫がスタートしたというニュース。
これから秋に向けて各地方が、それぞれのワインテイストにあわせた収穫時期でスタートします。
また今年のワインフェアもあちこちで開かれるようになります。楽しみです。
しかしこの不況で一番の打撃はシャンパン。-30%の売り上げとか。
パーティとかセレブ系で水のごとくだったのが、この不況で大打撃とのこと。
今週末には久しぶりにフランス人のワイン仲間が集まりそうです。
我々はこの漫画のような豪華なワインをがばがばと飲めるわけではないので比較にもなりませんが、この漫画の底辺に流れる<ワインは仲間を作る>というテーマをしみじみと思いました。
私のお宝、一部お披露目です。
シャブリ、グランクリュValmur
b0179656_16242269.jpg

ブルゴーニュのヴォーヌロマネ、1erクリュ2002
b0179656_16243892.jpg

ボルドーのシャトーマーゴのセカンド、パヴィョンルージュ1996
b0179656_16245873.jpg

これらを誰と分かち合うか、何の料理で楽しめるか、など考えるのが楽しいのです。
もちろんブッショネ(コルクに匂いがワインについてしまっている)っていうこともありますが、それはそれでわいわいウンチク楽しむのがワインっうもんだと思います。
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2009-08-28 16:35  

<< 久しぶりにお宝披露 夏休みの終わり >>