<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

アーティスト?デザイナー?

子供の頃にグラフィックデザイナーとかイラストレーターという職業に憧れていました。

知らない人も多いと思うけど、横尾忠則氏とか田中一光氏とか全盛だった頃です。

自分に才能がないと判ってすぐに諦めました。

フランス人は自ら称して<アーティスト>という人がかなり多いです。

何を基準にしているのか定かでないが、流行歌手や大道芸人、サーカス、モード系デザイナーなどまでもが私はアーティストですからという。

たしかにオートクチュールは1点ものという解釈に於いてはアートなのかもしれない。
しかし顧客のサイズに合わせて制作されたら、全く違うサイズ展開となりオリジナルの持っている世界観とはかけ離れてしまうのではと思うのですが。

私が思うに<アーティスト>は自己満足型の1点物つくりのマスターべーション、<デザイナー>はクライアントがあってのライフスタイルやマーケティングに沿った大量な物つくりといった違いではないかと。

b0179656_20324535.jpg


誰が<これはアートだ!>と定義付けるのか?それはその他大勢の観る側の人々であり、<素晴らしいデザインだ!>というのもそれらを購入するその他大勢の人々だと思うからです。
ストリートアートはその場所にしか存在しないけど、マクドナルドのMはあらゆるところで目につく。

アーティストが自分の世界を表現するにあたってこだわり続け、ある時評論家やギャラリスト、コレクショナーが評価し、時代の寵児になる。

又はこの世を去ってから評価される場合もあったりする。いずれにせよあくまでも作家の自己満足的表現を第3者がどのように感じたかということだとおもう。

b0179656_20311732.jpg


デザインは家具や建築、洋服など日常使用される物が大半で、その時代の流行をもろに表している。

日常愛用され、いつの間にかコレクションアイテムとなり、アートとして評価されるケースとか、ポスターデザインや装丁のようにアーティストがアルバイト的に描いた作品とかあったりするので一概には言えませんが。

b0179656_20302327.jpg


全て時代が決めていくのではないかと。

これは蚤の市で見つけた昔のイラストです。たぶん挿絵として描かれたものでしょうからなんとなくストーリー性があります。イラストレーターの仕事です。
しかしこれが印刷される前の原画であれば、この世に1点しか存在しないわけですからアート作品としてもいいわけで。

b0179656_20294042.jpg


映画やヴィデオなどの映像作家やクラシックや現代音楽作家などはどのような位置付けにするのかということなど言われそうだし、

ますます多岐にわたり、新しい技術が導入されていく昨今ではこのような単純な解釈ではどうしようもなくなってしまうとは思うし、

あまりの屁理屈ばかりだとも言われそうだし、

どっちだっていいだろとも言われそうだし、

そうです、どちらでもあまり構わないのですが。

b0179656_2027372.jpg


ただあまりにもフランス人が<自分はアーティストだ。>という場面に出くわすことが多いのでちょっと気になった次第です。
フランスはアート関連保護は強烈だし。



ランキングに参加しています。下の画像を一押しお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2014-08-27 20:47 | フランス  

夏の終局

昨夜、無事にパリに戻ってきました。

今年の夏は、温度が上がらず冷ややかな夏でした。南仏は別でしょうけど毎年、季節が少しずつずれているような気がします。
雨も多かったし。

暑いのが得意でない私にはそれほど気にならないのですが、やはりフランス人は太陽を求めて彷徨う民族なのでかなりの人が天候不順を嘆いています。

ただ最近は夏とは限らず、かなり自由に休みが取れることが多くなっているので、フランス人は昔ほど7,8月の混んだリゾート地に出向かない人も多いと聞いています。
夏休みの長い子供たちを持っている親は別でしょうけど。

そういう自分は、ドイツやイギリスなど、ヨーロッパの田舎を昔ドライブしていたころに比べると最近はフランス国内が多いです。

フランスは、石造りのパリの街並みも捨てがたいですが、緑の広大な大地を実感できる田舎もなかなかです。
そしてバリエーション豊かな郷土料理。

とはいえこれは最近は、メディアや交通の発達によってかなり薄れてきているような気がします。

今回はパリからノルマンディー地方のモンサンミシェル、そしてポワトゥシャラン地方のイルドレまでの走行、合計2200キロ。

モンサンミッシェルは初めての夜の訪問
b0179656_20264445.jpg


初めて訪れた中世の街、フジェール。
b0179656_2029238.jpg


牡蠣の一大産地、マレンヌ
b0179656_2031348.jpg


ラロッシェルでは水族館を初体験。夏場は夜までやっていて小さな子供達だけでなく大人にも結構楽しめました。
b0179656_20325960.jpg


原宿なみの混雑するラロッシェルを抜け出しロッシュフォーの朝市散策。混雑は一緒だけれども楽しい!
b0179656_20333498.jpg


そしてロッシュフォーといえば帆船!
b0179656_20491098.jpg


上品なリゾートの小島、イルドレでのシンプルランチ。
b0179656_20345339.jpg


汽車や飛行機などの点移動と違って車での線移動は、かなり大まかなスケジュールでも良いし、途中での寄り道も楽しいので最近はもっぱら車移動となってしまいました。

今回、イルドレで偶然午後3時から夜までというチョット変ったブロッカントに遭遇。そこで見つけたルルドグッズ。
聖水持ち運び用のティンボトルです。
b0179656_20371698.jpg


ただホントは何もしない一ヶ所滞在型というのが、自分には一番良いのかなと思います。
今夏もいろいろ行ったけれども、田舎の家で雑草取ったり、本を読んだり、の怠け者ライフがやはり最高でした。
特に今年は友人が日本やニューヨークから来てくれてワイワイ賑やかで楽しかった。

パリに戻ってみてもまだかなりのお店が今週いっぱい、25日くらいまで閉まっているところが多いようです。

明日から仕事に戻ります。頭の切り替えは今日中までに!。



ランキングに参加しています。下の画像を一押しお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2014-08-18 21:01 | 旅行  

探して見つかる物ではない!?

私のプライベートな蚤蒐集グッズの中には、取っ手が足りない引き出しの付いた棚、パーツが足りないベネシャンミラー、ランプシェードの付いていない卓上電気スタンド、ガラスの入ってない額縁、蓋のないガラスのボトル、などなど不完全なアイテムが本当に沢山あります。

b0179656_18285380.jpg

ひとつ引出しのない棚

完璧な保存状態で蚤の市で売られている物を探し出すは至難の技です。

というか、有ったとしても高価過ぎてとても手の出ないというのが本音でもあります。

b0179656_18314177.jpg

角のパーツが一つ欠けたベネシャンミラー

蚤の市の楽しみは、少しくらいダメージがあっても、オットこれは珍しいとか、なかなかいい味出してるねっていう物などを発見する喜びとかもあります。


蚤の市で探索している時に、これはこのパーツがないけれど、このパーツだったらいつか見つかりそうだなと思い、買ってしまいそのままになっている物が多々あります。

b0179656_1832549.jpg

あぁこれに蓋があったら。。。。

そんな葛藤もあったりして、ここのパーツないけれどとりあえず買っておこうみたいになって物がたまる一方となるわけです。

しかしいざ探すとなるとピッタリなパーツってなかなかありません。
額縁だとガラス屋さんへ行って新しいのでも入れるという手もありますが、オバール( 楕円形 )だったりすると難しいし。

でも逆に探していたわけでもなく、偶然にそういったパーツを見つけた時の喜びは格別でもあります。

今日は☆☆☆☆を探し出そうと気合いを入れたから見つかるというものでもないのです。
蚤の市は物との出会いです。

b0179656_18344156.jpg

後ろ側のベースの板がない。。。。

ガラクタとはいえ50年、いや100年だって生き延びてきたモノ達です。。
そういったパーツも2、3年、いや10年といった長いスパンと気楽な気持ちで見つけていきたいものです。

私の周りには、人生の伴侶を長年探し求めている友達が沢山います。

探す努力をせずに相手が見つかるわけありませんが、探していて簡単に見つかるものでもありません。

出会いというのは何でも同じで、ふとした時にガラクタの中に埋もれていた自分の好きなアイテムを発見したとこの喜びのように、そういったところに出向く努力、そして探す努力は必要だし、かといって必ずそうしたからといって見つかるものでもないし。

でも努力しないよりは絶対いいはずだし。
人生の伴侶探しも完璧な相手を探す視点より、いい味だしてるキャラのほうが人間臭くていいかもしれません。

人間は飾り物じゃないし、パーフェクトなんていないのですから。

ガラクタと人生の伴侶を一緒にするなという声が聞こえてきそうですが、無茶を承知で書いてみました。

b0179656_18364136.jpg

これは完璧!全部揃ってる。


ランキングに参加しています。下の画像を一押しお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2014-08-12 18:43 | ヴィンテージ雑貨  

田舎暮らしとテレビと


私はここ数年、友人の田舎の家の管理を一応任されているので、定期的に出向くようにしています。
16世紀に建てられた古い家は、オーナーが外国に暮らしていることもあり、全く思うように工事が進みません。

村の中心にあり、教会が横にあります。
建築当時はそこの教会の牧師さんの住居として建てられたようです。
ですので、番地もなく住所は日本語に訳すと<古い牧師さん宅>だけで村の名前を記すと郵便物も届くのです!

b0179656_17512723.jpg

この写真は裏側の庭側からの写真で、正面となる反対側はここまできれいな保存状態ではありませんが。

長年使用されていなかったこともあり、かなり大がかりな工事が必要なのです。

パリにいても家の工事というのは、なかなか上手く進まないものですが、ましてや工事の進捗を把握できない距離にいては、本当に大変です。

パリの工事人よりは田舎の人々は素直で働き者だとは思います。
それでも遅々として進まない工事には、自分の家ではないと言えさすがにイライラが募ります。

毎回、全部の窓を開けてまず大掃除で一日かかり、庭の草むしりとかでさらに一日みたいに毎回雑用で終わってしまいます。

さらに慣れないガス暖房のシステムや、電気配線など工事が終わっていないので毎回戸惑い、かなりの時間を要します。

そして毎回きれいにしてパリに戻るのですが、しばらく間を空けて来るとまた一からやり直しの連続です。

でも気分転換というか、パリを脱出してのんびりした田舎の空気を存分に味わえるということもあるのでそれほど苦ではありません。

しかし私は非常なテレビマニアでありまして、テレビのない生活は考えられません。
廻りの人々はテレビを見る時間だけ人生を無駄にしているといわれます。

馬鹿だ、アホだ、言われようが、好きなものは仕方ありません。
でもたまにはこのように、自分の趣味にピタッとはまった情報とか教えてくれるのです。

金銀の刻印の見分け方。刻印によって時代とか国とかわかるとのことです。
もっと勉強せねば。

b0179656_1811928.jpg
b0179656_1803937.jpg
b0179656_17592453.jpg



この田舎の家の管理を任されて一番最初にやったことが、大型テレビの購入とインターネットの接続でした。

インターネットは問題なかったのですが、テレビは全く映りませんでした。

パリでは当たり前な事の、インターネット接続でのキャッチは出来ないという事実を知ったときのショック。
まるで文明が遅れている凄い未開の地じゃないかと思ったほどです。
屋根裏部屋含めると総面積400m2くらいあるのに、実はこの家にはシャワーすらなかったのです!!! 
どうやって生活していたのだろうと思えるくらい不思議な感覚でした。

とりあえずシャワーを取り付け、なんとか生活できるようになったのですが、テレビは映らず数年過ぎました。

田舎まで出向いてテレビはないと思われるでしょうが、夜になると全く物音一つしない静寂さが、都会の雑音に慣れた私にはなかなか大変なことなのです。

そして今回こそはと真剣にトライしました。というほどの物ではないのですが、週中にいるということで新しい電気屋さんの連絡、出向いてもらって細かくいろいろチェックしてもらいました。そしたらなんと簡単に映りました!

電気屋さん曰く、この村はちょうど丘に囲まれた底の部分にあるのでアンテナのキャッチが非常に難しいとのこと。

とりあえず屋根裏部屋の工事はまだ先なので、仮の設置ですが一安心です。

たかがテレビ、いまどきテレビ?いまさらテレビ!なんでしょうが嬉しいです!

バルセロナのガウディじゃないのだから、さっさとやんなきゃと友人に言われますが、私、オーナーではないし、資金もないのでガウディでいいです。

b0179656_1853367.jpg



ランキングに参加しています。下の画像を一押しお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2014-08-06 18:09 | 旅行  

ダイエットしよう!

というほど自分が肥ってる訳ではないですが、年を重ねるごとにホントに少しずつ体重が増えていって、さすがにこれは!みたいなところまで来てしまいました。

毎年1Kgぐらいずつの増え方です。

いきなり体重が増えたというのではなく、こういう増え方をしたのは、ちょっとどころのダイエットでは難しいと思います。

体力の衰えかと思っていたのが、実は体重の重さからくる疲れっていうのも多分にあるかと。

ポイントは良くあるお腹まわりです。前だけでなく、脇腹、そして背中までぐるりとタイヤに挟まった感じ。

さらに地球の引力に逆らえずに自然とお肉が下へ、下へというのも感じるし、夏になって薄着になると特に目立つし、昔から着ていた服がボタンがきつくなるし、

皆様方からスポーツするのが一番!といわれるのですが、怠け者の私としてはいまいち乗り気になれず、だらだらとほおっておいたのがいけなかったようです。
取り返しのきくラストチャンス!くらいまで切羽詰ってきました。

それでダイエット!!しようと決めました。

アルコールは昔ほど摂ってないし、夏場だから、ごはん、パスタ系を減らした、さっぱり系食事でもOKだし、コーヒーの量は減らせないけど砂糖の量なら減らせるし、目標3Kg、夏場に痩せる予定としました。
とにかく食べる量を制限します。

問題は痩せるとなると、痩せたいお腹まわりでなく頬がげっそりこけてホントに貧相な顔立ちになってしまうことです。

やっぱり走るとかのスポーツしかないのかぁ。。。。。。

この僧侶さんピッチャーのお腹は可愛いですけど。

b0179656_18422550.jpg



夏休みに入りました。とりあえず体を動かす為にも、蚤の市やガレージセールははずせませんが、皆さん私と同じ様に夏休みなので困りもんです。


ランキングに参加しています。下の画像を一押しお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2014-08-02 18:51