<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

銀食器考

最近はナイフとかフォークとかスプーンなど総称カトラリーというようでおしゃれであります。

最近使われなくなった銀食器ではある。
手入れが大変なのと、食習慣の変化が理由だとおもう。

よく蚤の市で見かけるアイテムだが、やはり状態の良いものとそうでない物とかなり違うので見極め方がポイントとなってくる。

薄汚れていたものたちが銀製品用磨き粉でぴかぴかになると、さすがにその週末が楽しくなる。

b0179656_21202193.jpg


昨日見つけてきたやつ。真っ黒に黒ずんでます。

b0179656_21205079.jpg


スープはフランス語では食べるという。
東洋のようにスープを飲むとかすするとか言わない。

ラーメンツユとかずるずる !と流し込んだり、スプーンでも口先をほそめてすいこむようにしては絶対しない。

スプーンごと口の中に入れて、それから口中に落とし込み、噛むようにする。
だからやけどするくらい熱いものを好む日本人にはぬるく感じるかもしれない。

b0179656_21215519.jpg


ピッカ ピカになりました。

b0179656_21222946.jpg


昔のスプーンはだから一回り深い感じがする。
気のせいか。

秋も深まり、スープを食べたい今日この頃であります。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加しています。今日もクリックよろしくお願いします。
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2010-10-25 21:27  

蚤考察

ガレージセールとかブロッカントとかはおおよそ2つのオーガナイザーに分かれます。
ひとつは市や町、区などがイニシアチブを取って行われるもの。
これらは大体街中、中心部で行われます。

b0179656_21154133.jpg


もうひとつはプロのオーガナイザーが仕切っているもの。

もちろんパリ市内でも行われていたりはしますが、多くは郊外のショッピングセンターのパーキングとかを使って行われます。

郊外の町へ電車で出向きのは問題ないのですが、こういった郊外型ショッピングセンターというのは、駅からかなり離れた国道沿いとかにあるので、出向くのが大変なのです。

土曜日とかであればまだ市営バスとかの運行があったりしますが、日曜日だとそういうのもなく、車がないと無理ということになります。

b0179656_21164294.jpg


日曜日でお休みのショッピングセンターの大きなパーキングを安く借りてそれを区切ってまた出展者に貸すだけですが、これが最近一番もうかっているのではないかと思います。

道路沿いに道順を示した張り紙をあちこちに貼り、車での来客を促したり、カフェ、サンドイッチ屋を揃えたり、トイレを用意したり、様々なフォローがありますが。

b0179656_21253454.jpg


最近のヴィンテージブームの背景にはもちろん不況というのもありますが、エコロとかコクーンライフとかもあると思います。

b0179656_2126103.jpg


最近はTVで<我が家のお宝>みたいなタイトルの番組もあったりしてますますガレージセールブームに拍車をかけているみたいです。
(プロのオークショナーが一般家庭にあるものを鑑定してオークションに出すというやつ)
こういった番組を見てると、皆様方 我が家にも結構値段の張るものがあるんじゃないかと頑張るわけです。

てな訳でなんか全部かなり値上がりしてしまったように感じるのは私だけではないかと。

でもブロッカントやガレージセールで必要アイテムであれば当然普通のお店で買うよりは安いし、趣味のものであれば高かろうがほしいわけだし。

やはり世の中良くしたもんです。

さまざまな年月を経た物達が廃棄されてしまうより、誰かが可愛がってあげたほうがよいに決まっている。

b0179656_21264250.jpg



b0179656_2117289.jpg

[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2010-10-24 21:27  

運転免許書再発行

7月にバルセロナにて置き引きにあい、クレジットカードや滞在許可証、ドライバーライセンスなど大事な物をごっそり盗られたことは前に書きました。

あれから仕事でばたばたしており、滞在許可証の再発行にかなりの時間を費やしました。
アポがとれたのがロンドンファッションウィークの後でしたので申請後1ヶ月半。

そして運転免許証はまずこの滞在許可証が再発行されないと再発行してもらえない仕組みなのです。
ですので再発行となったのがパリコレの後ですので無くしてから2ヶ月以上かかったわけです。

でもフランスは1回免許を取得出来ると一生ものです。
書き換えとかもありません。

ですので高齢者の運転制限がいろいろに取り沙汰されています。
40年以上前に免許を取った人とか、交通規制も大きく変わっているし、反射神経がにぶくなっているので危ないとかいろいろ。

そういった人たちの免許書には若かりし頃の写真が貼ったままです。

しかし田舎暮らしのお年寄りには車は欠かせません。
フランスはパリ、リヨン、マルセイユなどの都市を除くと延々と続く畑であったり森であったりで車は欠かせません。

ましてや本当にお年寄りの事故が多いかというと、決してそんなことはなくかえって若者のスピード出しすぎとか飲酒運転による事故のほうが圧倒的なのです。

それでもやはり機敏な動作を必要とされる運転なので定期的な診断はやるべきでしょう。

私も運転免許を取得したのが、フランスでした。
1988年!でした。
ぺらぺらのピンクの紙にぺタッと顔写真があってあるだけです。

b0179656_18242578.jpg


本来あらゆる証明書がカード化されており(滞在許可証だって!)いまだに紙!みたいな驚きはあります。
あまりにも簡単すぎてすぐにコピー作れそうです。

この表紙の裏側に写真が貼ってあります。

b0179656_18245086.jpg


若いときの写真が貼ってあったので再発行された新しい免許証に貼られた今の自分の写真をみて残念無念。
免許取得当時の写真というのはあまりなくて貴重な1枚だったのです。

普段めがねをかけないのですが、免許証にはめがねをかけた写真が必要で当時のめがねをかけた写真というのはそれしかなかったのです。
丸くて大きなめがねをかけた自分は、いつみても笑える大事な1枚でした。

又、私は車を持ってはいません。
もっぱらレンタカーです。

でも嗚呼やはり欲しい!マイカー(古い!!!)である。
買うならやはりこの手が欲しい!

b0179656_18185589.jpg


蚤三昧ができそうな、たっぷり積み込めるヤツ。

b0179656_1819222.jpg


でもこんなの買ってしまったら溢れかえっているガラクタの山がさらに増えてしまう!

この葛藤の日々なのであります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加しています。今日もクリックよろしくお願いします。
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2010-10-22 18:25 | フランス  

超贅沢な悩み

今朝は気温がグッと下がり、かなり寒い。
秋を通り越して冬が来た感じである。

FIAC(Foire Internationale d’Art Contemporain)インターナショナルコンテンポラリーアートフェアが今週末にはある。
ゲージュツの秋である。

メイン会場はグランパレ(入場料28ユーロが高いというか、安いというか)であるが、私の近所界隈3区、4区は新しいギャラリーが沢山できていて近代アートはかなり集中している。
なんせ国立近代美術館であるセンターポンピドーが隣にあるのである。

コレクターでもなんでもないのだが、見るのは大好きである。
ボ~っと観るのもよし、真剣に見るのもよし、しかし溢れかえるゴージャスなアート関係の方々の着こなしというか、モードというのも独特なものがあり、なるほどねぇと観てしまうのである。

ファッション関係者とか、ジャーナリスト関係者、はたまたアンティック関係者、それぞれに暗黙のルールがあるのかしらん。

しかし、しかしである。
今週末は土曜日も日曜日も郊外で大きなブロッカントがあるのである!
久々に行きたい場所だし。。。。。。。

悩んでしまうくらいの超贅沢な週末なのである。
やはり郊外だろうなぁ。。。。。。天気次第です!!

さて11月末のパリ3区の恒例のブロッカントにいつもの場所で出展します。
半年に一回のことですが、月日の経つのがどんどん早くなり、この前猛暑で苦しんだのがつい最近のように思えます。

皆様方ぜひ立ち寄りください!

本日はウッディな薬箱(薬棚?)とか道具箱など。

頑丈な小型の道具箱
b0179656_1845036.jpg

b0179656_18452883.jpg


これは何を入れていたのかわかりませんが1937年とあります。
b0179656_18462625.jpg

b0179656_18465042.jpg

b0179656_18471438.jpg


機材が入っていたスライド式の蓋のついた箱です。
b0179656_18483189.jpg

b0179656_18485365.jpg


おなじみの救急箱であります。
b0179656_18495319.jpg

b0179656_18501710.jpg


こういった薬棚も
b0179656_18513031.jpg

b0179656_18515153.jpg


これらは結構場所とるので次回売りに出しちゃう予定です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加しています。今日もクリックよろしくお願いします。
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2010-10-21 19:01  

アリュ Alu (3)

なかなかおさまらない定年引上げ反対のデモとストである。
どちらがどうのという気はさらさらないが、凄いと思うにはやはり高校生のデモ参加かもしれない。
日本では考えられないであろう。
まだ人生における仕事を始める前にすでに定年を気にする!?
労働組合が上手に誘っているのであろうが、どうも納得できないでいる。

さらにそういった高校生に混じって、暴れる若者たち。
目的は破壊のみ。

素直な子供たちはいずれにせよ、親の影響が大きいのだから、デモ、ストを繰り返す親であり、社会に投げやりで子供をほったらかしにしている親たちに育てられたのであろう。

相変わらずのフランスであります。

さてアルミシリーズ、かなりお披露目してきましたけど懲りずに今日も頑張ります。

まず卵ケース。

b0179656_21151555.jpg


プラスチックのカラフルなヤツも好きだけれどこれはなかなかであります。

b0179656_21161347.jpg


しっかりしてるし、ゆで卵をピクニックに持っていくのに最適かもしれない。

b0179656_2117078.jpg


そしてワインオープナー

b0179656_21174378.jpg


コルクに差し込むタイプではなく、ボトルとコルクの間に挟みこんで回して抜くやつです。

b0179656_21182022.jpg


パワーが今一歩ですけど、アルミ製ってなかなか見当たりません。

そしてプレートというより飾り皿。

b0179656_2119740.jpg


狩猟がテーマになってレリーフで底にきれいに描かれています。

b0179656_21193728.jpg

b0179656_21201775.jpg

b0179656_21204818.jpg


アルミというのは安っぽくて、可愛いです。
昔はほんといろいろに使用されていたのですなぁ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加しています。今日もクリックよろしくお願いします。
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2010-10-20 21:23 | ヴィンテージ雑貨  

Vinaigre お酢

先日、知り合いから素敵なヴィネガーをいただきました。
最近はオシャレになっています。

昔はサラダのドレッシングを作るのに白ワインヴィネガーとか赤ワインヴィネガーなどを使っておりました。
塩、胡椒、ヴィネガー、サラダオイルという究極にシンプルなヤツ。

またはさらにマスタードを加えた程度。
その後にはオリーブオイルの大流行に伴い、イタリアのバルサミコ酢が流行り、最近はもっとディテールに凝ったヴィネガーで皆様、愉しまれておられるようです。

これはトリュフ風味と胡桃風味、そしてフランボワーズ風味です。

b0179656_18373638.jpg


細い小さなボトルなのでそのまま食卓でもOKであります。

b0179656_18375488.jpg


試してみると確かにそれぞれの香りが心地よい。
しかしそれぞれに合ったサラダを作る工夫が必要かもしれない。

そしてまた別の日に頂いたのがFigueイチジク風味であります。

b0179656_18382066.jpg


これはまだ食しておりませんが、なかなかの物ではないかと楽しみにしております。

b0179656_18384162.jpg


最近の公共広告の中でやはり肥満児対策の1日に5種類の野菜か果物を摂りましょうというキャンペーンのせいかサラダ類が人気のようで。

そういえば禁煙キャンペーン広告をあまり見かけなくなりました。若い女性の喫煙者数は増えているようであります。

健康志向とはいえ、やはりダイエットが主流の今日この頃であります。
怠惰な私は運動不足を仕事のせいと自分に言い聞かせ、せり出してきたお腹をみて嘆いております。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加しています。今日もクリックよろしくお願いします。
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2010-10-19 18:41  

フランス、不動産大幅な値上がりについて

フランスの不動産屋サンは景気がいいを通り越して、売り物件がなくて困っているらしい。

特にパリは価格の急上昇で、凄いことになっているらしい。
なんと1年で15%近い値上がりとのこと!

原因はいろいろあるらしいが、特に住宅ローン金利が下がったこと。
3.3%と戦後最低なのでこの際買っちゃえということらしい。

パリの平均価格は1m2あたり7400ユーロ(85万円くらい?)
中心部の1区~9区では10000ユーロをこえるのがざらにあるらしい。

でもって不動産屋が広告を出す前に売れてしまう。
凄いのになると物件を見る時間もないくらい数時間で売れてしまうらしい。

賃貸物件も少ない。
パリだと月収が家賃の3.5倍くらいないとなかなか借りることが出来ない。
今、50m2くらいの2部屋で1200~1500ユーロ(15万~20万円)くらいする。
こういったところを借りれる人は4000(45万円以上 !の手取りです)ユーロ以上の月収が必要なのである。

コレくらいの収入あれば買っちゃおうとなるかと。

まあそれでもロンドン、ニューヨーク、東京などに較べればまだまだ安いそうであります。

今日は上記とは全く関係ないけど、ひさびさにキッチュにコレ
ジョウロであります。

b0179656_21505880.jpg


鮮やかなオレンジ色に白のモチーフ。

b0179656_21515121.jpg


ポップであります。

もうひとつも少し不気味な人形であります。

b0179656_21521635.jpg


なにが不気味ってヘアスタイルであります。

b0179656_21524037.jpg


60~70年代っぽいボリュームを膨らましたスタイルでありますがおかしい。

b0179656_21531567.jpg


無傷なアイテムですが、このヘアスタイルでは。。。。。。。しかし変でついつい買ってしまいました。

b0179656_21555128.jpg


本格的に秋も深まり、またまた蚤シーズン!今週末から再活動であります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加しています。今日もクリックよろしくお願いします。
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2010-10-18 22:33 | フランス  

白い陶器(2)

前にも書いたが、白い陶器が好きである。
白といってもいろいろある。
グレイがかったものから青みを帯びたものまで幅が広い。

これは1900年頃のもの。

b0179656_23373028.jpg


少し青みがかっている。

b0179656_23381369.jpg


貫入も入っていたり、やや欠けがあったりするが、素晴らしいフォームだと思う。

b0179656_23384274.jpg


大きな取っ手つきのカップ。
なんと病院で使われていたらしい。

前にも紹介したベックドカナー(Bec de Canard 鴨のくちばしといわれる病人や赤ちゃんにあてがわれる小さな水差し)同様らしい。

b0179656_23393089.jpg


またはティザニェ-(Tisanier 煎じ薬差し)も同じ。
写真が見つからないので次回お見せします。

そしてなかなか手に入らないものが、クレール&モントルー Creil&Montreau の白い皿。
パリで見つけるのは難しい。
やはり田舎に行くとまだあるようだ。

なんでもアメリカ人にコレクターに多いと聞く。
憧れは四角いお皿。
四角いからかけ易くなかなかパーフェクトなお皿はない。

b0179656_23472310.jpg

このマークであります。

いつの日かセットでとたくらんでいる。

こういったソース用もシルエットがきれいに映る白がいい。

b0179656_23505218.jpg


秋の週末、のんびりこういった白い陶器を眺めているだけでこころが安らぐ。
安上がりである。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加しています。今日もクリックよろしくお願いします。
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2010-10-15 23:53 | ヴィンテージ雑貨  

アントワープンへ

昨日、久しぶりにアントワープンへ日帰り出張でした。

しかし定年退職年齢引き上げ反対ストがまた始まっており、国鉄、地下鉄などのダイヤはみだれっぱなし。
でもユーロスターや今回使っているタリス(Thalys)は海外行きなのでさすがに影響はないと思って北駅へ向かいました。

b0179656_23275683.jpg


しかしさらなる問題がフランスにはあります。
アルカイダなどのテロに欧州で一番狙われているらしいのであります。
でもって昨日も駅構内で不審な手荷物が発見されたとかで、始発から遅れている始末。

スト+テロ防策で北駅構内は沢山の人々で溢れかえっていました。

b0179656_23332510.jpg


国外への汽車ダイヤルが乱れるとそれこそ大問題になると思っているのか、10分遅れでホームを離れた列車はパリ郊外まではストの影響かのろのろ運転でしたが、30分も経つと凄いスピードアップであります。

この列車は、パリ→ブリュッセル→アントワープン→ロッテルダム→アムステルダム着で列車のなかはほとんどビジネスマン。
皆様方ほとんど日帰りのようで大きな荷物をお持ちではありません。

フランス国内のストはまだまだ続きそうです。
しかしこういったストにすでに麻痺してしまった国民にとってどこまでの影響力があるのか不思議でたまりません。
なにかあるとすぐにスト、デモの連日。
こういうのってたまにやるからインパクトがあり、強いメッセージが送れるのではないかと思ったりするのは私だけでしょうか?

仕事に就く平均年齢も上がっているし、実質高齢化はわかりきっていることだし、今の50代、60代って一昔前に較べれば本当にまだまだ若いと思うし、定年退職年齢引き上げは当然と思うのは私だけではないはず。

などと揺れる電車の中で浅田次郎の<絶対幸福主義>なるエッセイを読みながら、我が人生もまだまだだなぁ実感しておりました。

アントワープンの駅はヨーロッパで私が一番好きな駅でもあります。

b0179656_23343029.jpg


地下から4階建て構造のホームは近代的ですが、エントランスはしっかり昔のままに残してあってとても良い感じなのです。

b0179656_23345795.jpg


これは逆光がなかなかきれいです。

b0179656_2335181.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加しています。今日もクリックよろしくお願いします。
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2010-10-14 23:44 | 旅行  

小春日和の

ぽかぽかした週末でありました。
インディアンサマーというべきか、小春日和というべきか。

やはり小春日和というのがふさわしいかと。
長いことブログを書けず、恒例の行事、仕事に追われ、気がつけばもう秋!なのでした。

これから又ぼちぼち書いていきます。

久しぶりになんと4ヶ月ぶりに、パリ郊外のガレージセールへお散歩などとしゃれこみました。

たぶんもうこの後このような気持ちの良い週末は今年はないだろうと思うくらい心地よい天気でありました。

久しぶりなので気負わないようガラクタをチェックしていると、やはり一段と物価高というか値上がりしているように感じるのは気のせいでしょうか?

ガレージセールでこれならばプロが集まったブロカントではどうなるのでしょう。

と思いつつ、やはり買わずにはいられないのが蚤の市であります。

久しぶりに昔のポストカードをいくつか買いました。
同じ人が、同じ相手に連作のカードを出しています。

素晴らしいため息のでる達筆であります。

b0179656_0505729.jpg


そしてかなり惚れ込んだ相手へのラヴレターのようでもあります。

b0179656_0513096.jpg


こんな恥ずかしくなるような写真を堂々とはがきで送っているのですから相当熱くなっておられたのではと想像します。

b0179656_051581.jpg


今ではメイルでとかになってしまうのでしょうが、やはりロマンがないのではと愚痴るのは年であります。

b0179656_0522514.jpg


b0179656_052528.jpg


裏側は住所しか書けないし、表側は写真がいっぱいなので隅っこに<おはよう>とか<元気でね>とか小さく一言!!!

頻繁に送られていた感じがあり、ラヴラヴな感じがひしひしと伝わってくる一品であります。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村にほんブログ村
ランキング参加しています。今日もクリックよろしくお願いします。
[PR]

by bienvenu-chez-moi | 2010-10-12 01:04